MENU

所得証明書がいらないカードローンの条件とは?

1社の希望借入金額が50万円、あるいは、他社と合わせた借入金額の合計が100万円以下ならば所得証明書は必要ありません。
ただし上記は貸金業法ですので、対象外の銀行系カードローンはその限りではありません。

 

つまり、以下の条件ならば所得証明書不要でキャッシングできます。

・消費者金融などの貸金業者1社から借りる金額が50万円以下の場合
・消費者金融などの貸金業者2社以上の借入金額合計が100万円以下の場合
・銀行系カードローンは会社によって所得証明書不要の金額が異なる

借入金額さえ気をつければ、所得証明書不要なので、最短スピードでお金を借りる事が可能です。
消費者金融系、銀行カードローン系に分けてランキングしましたので、参考にして下さい。

所得証明書不要の消費者金融人気ランキング

消費者金融は貸金業法を守りながらお金を貸さないといけないので、50万円以上借りるなら所得証明書は必須です。
ですが、融資までのスピードや、融通を求めるなら消費者金融がオススメです。

 

プロミスのおすすめポイントとスペック表

プロミスの特徴は、30日間無利息サービス(はじめてプロミスを利用、かつ、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)です。30日以内にお金を返せるアテがあるなら、他社の選択する余地は無いでしょう。
WEB契約なら来店不要で、必要書類もメールで提出すれば、当日振込みも可能です。
審査が不安な方は3秒診断でまずは申し込めるかチェックしてみましょう。

>> プロミスでお金を借りる

金利 限度額 所得証明書不要の条件
4.5%〜17.8% 500万円まで 50万円以内
即日審査 即日融資 アルバイト・パート・主婦
最短30分(※1) 即日融資可能(※2) 安定した収入のある方なら審査可能

(※1)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり
(※2)平日14時までにWEB契約完了が必要

 

アコムのおすすめポイントとスペック表

「はじめての〜♪」の歌とCMで知らない人はいないであろう優良キャッシング。
最短30分の審査回答から即日融資まで可能なので非常にスピーディに融資してもらえます。
メールで事前に返済期日を教えてくれたり、忙しくてATMまで行けない人のための24時間ネット返済があったりと、キャッシング初心者にやさしいのがアコム。
ショッピング機能も付いたACマスターカード(クレジットカード)にも申し込める非常に利便性の高いカードローンとなっています。

>> アコムでお金を借りる

金利 限度額 所得証明書不要の条件
3.0%〜18.0% 1〜800万円まで 50万円以内
即日審査 即日融資 アルバイト・パート・主婦
最短30分(※1) 最短即日(※2) 本人の安定した収入があることが条件

(※1)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり
(※2)平日14時までに必要書類をご提出

 

アイフルのおすすめポイントとスペック表

お笑い芸人達のCMでお馴染みの来店不要カードローンです。融資までのスピードに定評があります。
融資可能か即診断してくれる1秒診断や、ローンカードの受け取り時間指定などユーザーの利便性を考えたサービスが特徴です。
また「35日サイクル制」と「毎月約定日払い」の2つの返済方法から選べるのも嬉しいですね。

>> アイフルでお金を借りる

金利 限度額 所得証明書不要の条件
4.5%〜18.0% 1000円〜500万円まで 50万円以内
即日審査 即日融資 アルバイト・パート・主婦
最短30分 即日融資(※1) 安定した収入のある方は審査可能

(※1)お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合

※消費者金融で有名な「モビット」は、所得証明書が原則必要なので、ランキングには入っておりません。

所得証明書不要の銀行系カードローン人気BEST3

銀行系だと融資スピードは消費者金融に劣りますが、所得証明書不要の条件が広くなります。
銀行系は貸金業法の対象外になりますので、所得証明書の提出義務がありません。

 

オリックス銀行カードローンのおすすめポイントとスペック表

借入限度額300万円まで所得証明書不要という銀行系カードローン。
最大800万円まで借りれて金利も年3.0%〜17.8%なので、大口融資を考えているなら是非持っておきたい一枚です。
即日融資は不可なので、近い将来使う予定があるなら今のうちに申込むのが賢いですね。

>> オリックス銀行カードローンでお金を借りる

 

金利 限度額 所得証明書不要の条件
3.0%〜17.8% 最高800万円 300万円以内
即日審査 即日融資 アルバイト・パート・主婦
最短即日審査可能 最短2、3日 前年度の前年度年収が200万円以上

 

三菱東京UFJ銀行カードローンのおすすめポイントとスペック表

誰もが知っている圧倒的な知名度と安定感で人気のカードローンです。
スペックも全体的にバランス良く、利用しやすいのが特徴です。
銀行系の中では珍しく即日融資も可能なので、急いでいる方にも選ばれています。

>> 三菱東京UFJ銀行カードローンでお金を借りる

 

金利 限度額 所得証明書不要の条件
4.6%〜14.6% 500万円まで 100万円以内
即日審査 即日融資 アルバイト・パート・主婦
最短30分(※1) 最短即日利用可能(※2) 安定した収入があればOK
主婦は利用限度額30万円まで

(※1)審査結果のご連絡は9時〜21時(土・日・祝日は9時〜17時)までとなります。受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。
(※2)ネット申込み後、テレビ窓口で受け取り。テレビ窓口なら平日15時以降、土日祝もOK。最短40分。

 

新生銀行カードローン レイクのおすすめポイントとスペック表

銀行系と消費者金融の中間のような位置付けで人気なのが新生銀行カードローンレイクです。
金利は銀行系の中では高めなのですが、はじめてなら無利息ローンを利用できる点が特徴です。
即日融資にも対応しているので、すぐにお金が必要だけどすぐに返せるアテがあるならベストな選択といえるでしょう。

>> 新生銀行カードローン レイクでお金を借りる

 

金利 限度額 所得証明書不要の条件
4.5%〜18.0% 1〜500万円まで 100万円以内
即日審査 即日融資 アルバイト・パート・主婦
スグ回答(※1) 最短即日利用可能(※2) 満20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方

(※1)8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分〜19時)
(※2)平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了が必要

最短即日融資を狙うなら所得証明書は不要のカードローンにするべし!

困った

どうしても今すぐお金が必要!って時に、一番イライラするのが審査の書類を揃えることです。
特に所得証明書は、市役所で発行してもらわないといけないので、時間のとれないサラリーマンやOLには不可能です。
お金を借りる際に必要なのは、正確には所得証明書ではなく、収入証明書ですので、源泉徴収票や二ヶ月分の給与明細でも良いのですが。
とはいえ、それでも簡単に今スグ手に入るものではありません。
収入証明書を取り寄せている間に一日が終わってしまうのです。

 

そこで、活用したいのが所得証明書不要のカードローン。
不要になるかどうかのボーダーラインはそれぞれの会社によって違いますが、その条件をクリアできれば最も準備するのが難しい書類を提出しなくて済むので、審査と融資までの時間を短縮できます。
特に上位3位のプロミス、アコム、アイフルは平日の時間内に書類提出ができれば最短即日融資も可能ですから、50万円以下で今すぐお金を借りたいならこの3つで決まりです!
もう少し大きな金額を考えている場合は、銀行系カードローンに申込みましょう。

 

>> 所得証明不要のキャッシング <<
>> 人気ランキングをチェック <<

【コラム】収入証明書類として有効なもの

どうしてもプロミスやアコムのような無利息期間のある消費者金融がいい!
でも借入希望額が50万円以上なんだよね…
所得証明書類を取り寄せるのは面倒だし、諦めて無利息期間のないところで借りるしかないのかぁ。

 

と、諦めるのはまだ早いですよ!
確かに、すぐに紛失しがちな源泉徴収票や給与明細などを再発行してもらうのには手間と時間がかかりますが、その他に収入証明書として使える書類もいくつかあります。
あ!コレ持ってる!というものがあれば収入証明の問題はクリアするので、自分の好きなサービスのある消費者金融や銀行カードローンに胸を張って申込みができますね♪確認してみる価値はあると思います。

収入証明として使える書類

 

プロミスの場合

書類 状態
源泉徴収票 最新のもの
確定申告書 最新のもの
給与明細書 直近2ヶ月分

 

アコムの場合

書類 状態
源泉徴収票 最新のもの
給与明細書 直近2ヵ月分
住民税決定通知書 当年度分
課税証明書(通知書) 当年度分
所得証明書(通知書) 当年度分

 

アイフルの場合

書類 状態
源泉徴収票 最新のもの
給与明細書 直近2ヵ月分
住民税決定通知書 当年度分
所得証明書 当年度分
確定申告書 当年度分

大手消費者金融会社ではだいたい同じような書類を提出すればOKという事ですね。
因みに、給与明細に関しては1ヶ月分でも大丈夫というところもありますが、それは給与明細に住民税の記載がある時だけなので注意して下さい。
また、ボーナスの明細書も併せて提出するときは一年分の給与明細も提出する事になるのでその点も注意しておきましょう。

 

さて、この中で比較的準備しやすい書類は何かというと、実は「住民税決定通知書」なんです。
何じゃそら?そんな難しそうな書類知らないぞ!といった声が聞こえてきそうですが、簡単に言うと住民税(市民税・県民税・府民税など)の納付書の一番上に付いている横長の紙の事です。
あなたの所得総額がこれだけだったから、今期はこれだけの市民税を納付してもらいます。という事がザックリと書かれています。
これが収入証明書の代わりになる、という事なんですね。

 

えっ?住民税は給料から天引きされているんだけど?
という人はお勤め先の経理担当者が保管しているハズなので一度聞いてみてください。
こちらの方が給与明細や源泉徴収票を再発行するよりも遥かに楽なので嫌な顔をされずに済みますね♪